ダブダブとシェルターの番組。

bloggingfairtrade.com

嫌なことを賃金のためにただ我慢して黙々とやるよりは、同じ賃金をもらえるなら少しでも楽しみ、やりがいを感じてやりたいというのは、至極もっともな働く側の欲求です。そうすると、今までのよz2711章自分を生かす労働うに、企業側から見た労働の考え方、あるいは賃金についての考え方、つまり嫌なことをやってくれているのだから金を払うという考え方は、社会が成熟してくるにつれ、働いている人たちの気持ちと合わなくなってきているわけです。働く仕組みを変える必要性そうすると、使う側も考え方を変えなければいけないし、もっと言えば、社会全体の仕組みも考え方を変えなければいけないと思います。賃金というのは、嫌なことを我慢してやってくれているから払うという考え方を大きく変えざるを得なくなってきているのです。それはどういうことかというと、日本の従来の賃金体系は、年齢によって若いうちは安く、労働している年数がふえてくると高くなるという体系です。

すると、いつまでも苦手な分野で勝負を続けなければならない。中には、「整理整頓ができないのだもの、私ってなのね」と思ってしまう女性もいる。得意分野中には、「整理と作業内容が一致していないだけ、と割り切ることができず、「こんな難しい仕事、無理よ」と考えて、簡単そうな仕事に移ろうとする。ところが実際は逆なのだ。本当は、もっと高い地位につけば、細部にとらわれる必要もなく、発想力を活かせるかもしれないのに。そのためには、周囲の理解を得て実務の手ぎわの悪さをフォローしてもらう一方、アイディアを整頓して売りこむ練習を積んだ方が近道かもしれないのだ。マギーはあるサービス業の会社で下働きをしていた。頭の中には大きなアイディアがあるくせに、手元の雑用もろくにできないので、彼女はいつも自分を責めていた。

微妙な変化は常にあり、特にバブル期の浅はかな振る舞いは凹年もたつとボディーブローのように効いてくることにな 第2章日本的経営の評価をめぐる右往左往る。いずれは成果主義の採用もそうなる。かつて、日本の電機メーカーでは、大卒技術者でも工場の生産現場を経験させるのが一種の慣行だった。ところが、バブル期には、こうした経験の全くない、つまりは自社の製品に触ったことがなく、もっぱら書類を扱い、差配に徹する若い技術者が増えていった。業界内では、彼らを「手配師型技術者」と呼ぶこともあった。新しいタイプの技術者の登場などと勘違いする人もいたが、むしろ企業側の短慮の典型であった。「そんなことをしていては皿年後には会社が傾くのでは」、とその時私は懸念を口にしたものだ。そしてそれは現実のものとなりつつあるようだ。

賛成派、反対派で情報交換しているらしい光景もあった。私は、担当大臣としてただ一人ひな壇にすわり、投票結果を見守っていた。本会議場には、小泉総理の姿もあった。通常、総理自身が法案裁決に参加するのは決して多くない。しかし今回の法案採決は、まさに一票を争うものであり、法案成立に強い執念を燃やす総理が出席しているのは、当然のことであった。またこのとき、安倍幹事長代理(現総理)が、城内実議員を後ろの壁際に呼び出し、何やら話しているのが見えた。後に何度もテレビで放映され、有名になったシーンである。安倍氏は、城内氏が賛成に回るよう、最後の説得を試みていた。投票が始まった。ひな壇から見ていると、私のすぐ下の席で賛成票と反対票の両方を握って、 迷いながら名前が呼ばれるのを待っている数人の議員が見えた


ホーム RSS購読 サイトマップ